奈良市で家族葬をするなら天礼社 大和会館へ

天礼社大和会館イメージ3
天礼社大和会館イメージ2

平均費用と家族葬の特徴をご紹介

日本では少子高齢化や核家族化が深刻化しており、奈良市も例に漏れず、65歳以上の高齢人口割合は30%を上回っているのが現状です。近畿中核市平均が27.5%であることを見ても、奈良市ではとくに高齢化が進んでいることがわかります。(出典:奈良市第5次総合計画 平成31年時点)

この影響を受け、以前と比べて大規模な葬儀を執り行うご家族は減り、家族葬を選ばれる方が増えつつあります。
実際に奈良市にお住まいの方で、家族葬をお考えの方は多いでしょう。そこで、これからますます需要が高まる奈良市の家族葬についてご紹介していきます。

奈良市で人気の家族葬とは

少子高齢化が進む奈良県で人気な「家族葬」は、故人の親しい友人や親族だけを集めて執り行う少人数のお葬式のことを指します。一般的なお葬式とやることは同じですが、少人数なため一人ひとりがじっくりと故人へのお別れを告げられる点が特徴的です。

家族葬とは言っても、実は明確な定義は定められていません。家族葬だからといって、家族だけで葬儀を執り行わなければならないという決まりはありませんし、人数も葬儀社により異なるケースもあります。家族葬の範囲に囚われず、故人やご遺族の希望に沿った葬儀を執り行うことが可能です。

家族葬の平均費用

家族葬は規模が小さく参列者も少ないため、費用を抑えつつご遺族の希望に沿った葬儀を執り行うことができます。それでは、家族葬をするときはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

家族葬の規模や参列者の人数によっても異なりますが、一般的な家族葬の平均費用は105〜120万円程度です。一般葬の費用は170~200万円なので、家族葬なら葬儀費用が大幅に抑えられることがわかります。
(出典:エンディングデータバンク

当社では、50万円からの家族葬プランをご用意しておりますので、ご予算やご希望のお見送り方からおすすめのプランを提案させていただきます。

家族葬・葬儀プラン一覧

奈良市で家族葬の需要が高まった背景

奈良市のみならず、奈良県では過疎化と少子高齢化が深刻な問題となっています。とくに兄弟が少ない家庭は、大規模な葬儀を執り行うと一人当たりの負担が大きくなってしまうため、家族葬が好まれる傾向にあります。また、故人が長生きすればするほどつながりのある人は減っていき、葬儀に呼ぶほどの間柄の人は少なくなっていくでしょう。

近年奈良市に住む若い子どもたちは就職を機に都心部へ出て行ってしまうため、昔に比べて地域住人の繋がりも薄れてきました。そういった背景もあり、今は葬儀に大勢の人を呼ぶ必要もなくなってきているのです。
奈良市の現状をみても、家族葬は時代のニーズに合ったお見送りの形だと言えるでしょう。

奈良市では補助金を使って家族葬ができる

奈良市では、国民健康保険の被保険者が亡くなったとき、葬祭を行った方に対して補助金が3万円支給される制度があります。ほかの健康保険などから葬祭費に相当する給付がある場合は受け取れませんが、それ以外の場合は「亡くなった方の保険証」や「葬儀を執り行った証明書」があれば簡単に申請ができます。
市役所の国保年金かや出張所、行政センターなどで申請ができるので、奈良市で家族葬を執り行う方はぜひ活用してみてください。

奈良市概要

奈良市は、奈良県の北部に位置する市で、奈良県の県庁所在地であり中核市に指定されています。奈良時代に都が置かれたことから、「古都」や、京都に対して「南都」と呼ばれることもあります。面積は276.94kmで総人口は35.5万人、総合世帯数は16.4万世帯です。(令和2年現在)

瀬戸内海式気候と内陸性気候を併せ持った気候が特徴で、市街は盆地に位置するため夏と冬、1日を通しての気温差が大きい地域になっています。高齢者は体調を崩しやすいため、十分に注意する必要があります。

奈良市の葬儀のしきたり

葬儀には、地域によって特有のしきたりや風習があります。ここでは、奈良市に伝わるしきたりや風習についてみていきましょう。

奈良県では人が亡くなると、菩提寺から屏風を借りて故人の枕元に逆さにして立てる風習や、友引に加えて卯の日の日にも葬儀を避ける風習があるところが特徴です。
また「垣内(かいと)」と呼ばれる組織が存在し、通夜や葬儀、参列者の接待や受付などを代わって遺族の負担を減らしてくれる風習がありました。ただし、近年は葬儀社による葬儀が増えたため、垣内の風習はなくなりつつあります。

関東圏などでは通夜の参列者に軽食などを振舞う「通夜振舞い」がありますが、奈良県では親族のみに食事を振舞うケースが多い点も、特徴的な風習です。
ほかにも、奈良県では出棺の時に茶碗を割り、藁を燃やして「門火」の儀式をすることがあります。昔は自宅で亡くなる方が多かったため故人の茶碗を割っていましたが、近年は施設で亡くなる方も多いため、葬儀社が茶碗を用意してくれるケースも増えてきました。

天礼社大和会館イメージ4
天礼社大和会館イメージ9

奈良市で家族葬をするなら天礼社・大和会館へ

奈良市・天礼社大和会館奈良市で家族葬をお考えの方は、奈良市大安寺に「天礼社 大和会館」を構える天礼社へご相談ください。50万円からの家族葬プランをご用意しておりますので、ご予算やご希望のお見送り方からおすすめのプランを提案させていただきます。天礼社 大和会館では、敷地内駐車場が120台、最大300名までのご葬儀にも対応可能です。(天礼社大和会館のご案内ページ

てんれい友の会

入会金・年会費無料の「てんれい友の会」ご入会で、会館使用料が10万円割引になる特典もご用意しております。会員様から三親等の方まで特典が利用可能なので、お気軽にお問い合わせください。

家族葬の天礼社は24時間265日受付中!

  1. お葬式の日程はどうやって決めればいい?一般的なスケジュールと時間帯を解説

    2020.11.27

    お葬式の日程はどうやって決めればいい?一般的なスケジュー…

  2. 葬式の必需品である数珠ってどんなもの?選び方と使い方をご紹介

    2020.11.20

    お葬式の必需品である数珠ってどんなもの?選び方と使い方を…

  3. 家族葬の連絡や通知状の例文と基本のマナーをご紹介

    2020.09.30

    家族葬の連絡や通知状の例文と基本のマナーをご紹介

  4. 家族葬に呼ぶ親戚の範囲はどこまで?決めるときの注意点をおさらい

    2020.09.23

    家族葬に呼ぶ親戚の範囲はどこまで?決めるときの注意点をお…

  5. 家族葬やお葬式での写真撮影はNG?葬儀における写真撮影のマナー

    2020.08.28

    家族葬やお葬式での写真撮影はNG?葬儀における写真撮影の…

  1. 神式の葬儀の流れやポイントって?香典やお供え物など、仏教と神道の違いを比較!

    2020.05.20

    神式の葬儀の流れやポイントって?香典やお供え物など、仏教…

  2. 仏滅や友引のお葬式は避けるべき?六曜の意味と日程の決め方

    2020.03.26

    仏滅や友引のお葬式は避けるべき?六曜の意味と日程の決め方…

  3. 火葬場の骨上げで喉仏の遺骨が大切にされる理由とは?

    2020.03.20

    火葬場の骨上げで喉仏の遺骨が大切にされる理由とは?

  4. 葬儀の香典マナーとは?書き方や渡し方、郵送するときの注意点を解説

    2020.02.27

    葬儀に参列するときのパンストのマナーとは?タイツは履いて…

  5. 葬儀の香典マナーとは?書き方や渡し方、郵送するときの注意点を解説

    2020.02.20

    葬儀の香典マナーとは?書き方や渡し方、郵送するときの注意…