仏滅や友引のお葬式は避けるべき?六曜の意味と日程の決め方

仏滅や友引のお葬式は避けるべき?六曜の意味と日程の決め方

日常生活ではあまり気にする機会がない六曜。しかし、冠婚葬祭の日程を決めるにあたっては、一般常識として気をつけなくてはいけないので要注意です。
今回は、六曜のひとつである「仏滅」や「友引」にお葬式を行ってもいいのか、その是非について解説していきます。お葬式の日程の決め方や六曜の意味についても解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

「仏滅」や「友引」を含む六曜って?

まずは六曜がどのような意味を持つものなのかについて知っておきましょう。
六曜は古代中国から伝わってきたもので、日付で運勢を占う民間信仰の一種です。六曜には「先勝・大安・仏滅・友引・赤口・先負」の6種類が存在し、それぞれに意味があります。

  • 先勝:午前中を吉とし、午後を凶とする日。
  • 大安:何事においてもいい日。結婚式などに選ばれる。
  • 仏滅:何事もよくなく、お祝い事は避けるべき日。ただし、新しいことを始める場合は吉。
  • 友引:よくも悪くもない日。
  • 赤口:何をしてもうまくいかない日。お祝い事は仏滅よりも避けるべき。
  • 先負:何事もゆっくり済ませるのがいい日。午前が凶で午後が吉になる。

ただし六曜はあくまでも慣例であり、仏教などの宗教との関係は完全に否定されています。そのため、最近ではカレンダーや手帳に六曜を記載する企業も減ってきました。仏滅に結婚式をあげるカップルもいるほど、その影響力は少しずつ弱くなってきています。

仏滅や友引にお葬式をしてもいい?

故人とのお別れの場であるお葬式に、六曜はどう関係しているのでしょうか。ここからは、お葬式の場合も仏滅を避けたほうがいいのか、友引にお葬式をしてもいいのか、具体的にお伝えしていきます。

仏滅にお葬式を行ってもよい

先ほどお伝えした通り、実のところ六曜と宗教には全く関係がないのです。よって、仏滅にお葬式を執り行っても何の問題もございません。
また、お葬式はお祝い事をするための儀式ではないですよね。亡くなった人を偲び、見送る儀式です。そのため、仏滅の持つ意味を考えても問題のない日程と言えるでしょう。
さらに、縁起がいい大安の日にお葬式をするのも問題ありません。大安は、「何事においてもいい日」なので、執り行う儀式がお葬式であっても大丈夫です。

友引は注意が必要

友引は「よくも悪くもない日」であるので、本来はお葬式を行っても問題のない日程です。
ところが「友を引く」という字面から、故人が友人や親族を連れて行ってしまうことを連想させ、縁起が悪いとされています。そのため、なかには「お葬式をするには不吉な日」と認識している人が多いのも事実です。

地域によっては、友引に葬儀を行うことが決定した場合、棺に「友引人形」と呼ばれる人形を入れることがあります。これは、亡くなった人が友人や親族を連れて行ってしまわないように、人形に身代わりになってもらうことが目的です。縁起が気になる場合は斎場に確認し、友引人形を入れさせてもらうといいでしょう。

実際、友引の日はお休みになる火葬場もあるようですが、六曜は宗教と無関係なものです。
奈良県内の市営火葬場については、お正月以外は無休で利用できるようになっています。

お通夜は友引でも問題ない

お葬式の場合は友引が避けられる傾向にありますが、お通夜は友引に執り行っても問題ありません。
故人をあの世に見送るための儀式であるお葬式とは異なり、お通夜は故人と最後のひとときを過ごす儀式です。よって、友引に執り行っても「一緒にあの世に連れて行かれる」という意味合いを持たないので安心してください。

お葬式の日程の決め方

六曜を気にしなくてもいい場合、お葬式の日程はどのようにして決定したらいいのでしょうか。

火葬場や斎場は、原則としてどんな日でも稼働しています。しかし、火葬場はかなり混雑していることもあり、希望通りの予約が取れないことも多いです。そのため、最初に葬儀会社にお願いして火葬場の空き状態を確認し、火葬場の予約に合わせてお葬式や告別式の日程を決めていくのが一般的な流れになります。

六曜や縁起が気になってしまう気持ちもわかりますが、何より優先させるべきなのはご遺体の状態です。縁起を気にして火葬を先延ばしにしてしまうとご遺体に負担がかかってしまいます。
お葬式は斎場や火葬場、親族の都合を確認した上で、最短の日程でお葬式を執り行うことが理想的です。

お葬式に六曜は無関係だけど配慮は必要

最近では六曜を気にせず、友引でも開いている火葬場や斎場が増えてきました。そのため、縁起を重視しない人であれば、友引であってもお葬式ができるようになってきています。

しかし、喪主や遺族が六曜を気にしない場合でも、お葬式の参列者の中には縁起を気にする人もいる可能性があります。親族できちんと話し合い、価値観や考え方を確かめ合った上でお葬式の日程を決定するようにしてくださいね。

家族葬の天礼社は24時間265日受付中!

関連記事

  1. 家族葬で葬儀会社を選ぶポイント

    家族葬と一般的な葬儀の違い。葬儀会社を選ぶ3つのポイント

  2. 葬儀の香典マナーとは?書き方や渡し方、郵送するときの注意点を解説

    葬儀に参列するときのパンストのマナーとは?タイツは履いて行け…

  3. 家族葬にお花代は必要?相場金額と供花代との違い

    家族葬にお花代は必要?相場金額と供花代との違い

  4. 家族葬で献杯を行う時の挨拶のやり方とマナー

    家族葬で献杯を行う時の挨拶のやり方とマナー

  5. お葬式の持ち物

    お葬式の参列前にチェックしたい持ち物

  6. 家族葬の際に職場への連絡方法と内容

    家族葬は会社や職場に伝えるべき?伝えるべき内容とは

  7. 葬儀の費用相場

    家族葬の相場はいくら?避けられない費用は?

  8. 葬式から納骨までの流れと費用。費用はいくらかかるのか

    葬式から納骨までの流れと費用。費用はいくらかかるのか

  9. お葬式前の湯灌ってどんな儀式?必要性や料金、流れをご紹介

    お葬式前の湯灌ってどんな儀式?必要性や料金、流れをご紹介

  1. 家族葬やお葬式での写真撮影はNG?葬儀における写真撮影のマナー

    2020.08.28

    家族葬やお葬式での写真撮影はNG?葬儀における写真撮影の…

  2. 訃報への返信やお悔やみの言葉をLINEやメールで送ってもいいの?マナーと例文とは

    2020.08.21

    訃報への返信やお悔やみの言葉をLINEやメールで送っても…

  3. 平服とは?お葬式や家族葬で「平服で」と言われた時のマナー男女別

    2020.07.30

    平服とは?お葬式や家族葬で「平服で」と言われた時のマナー…

  4. 弔辞(ちょうじ)とは?家族葬にも弔辞は必要?マナーや伝えるべき内容をご紹介

    2020.07.20

    弔辞(ちょうじ)とは?家族葬にも弔辞は必要?マナーや伝え…

  5. 神式葬式で行われる玉串奉奠とは?流れと作法を知って後悔のないお葬式を

    2020.06.29

    神式葬式で行われる玉串奉奠とは?流れと作法を知って後悔の…

  1. 神式の葬儀の流れやポイントって?香典やお供え物など、仏教と神道の違いを比較!

    2020.05.20

    神式の葬儀の流れやポイントって?香典やお供え物など、仏教…

  2. 仏滅や友引のお葬式は避けるべき?六曜の意味と日程の決め方

    2020.03.26

    仏滅や友引のお葬式は避けるべき?六曜の意味と日程の決め方…

  3. 火葬場の骨上げで喉仏の遺骨が大切にされる理由とは?

    2020.03.20

    火葬場の骨上げで喉仏の遺骨が大切にされる理由とは?

  4. 葬儀の香典マナーとは?書き方や渡し方、郵送するときの注意点を解説

    2020.02.27

    葬儀に参列するときのパンストのマナーとは?タイツは履いて…

  5. 葬儀の香典マナーとは?書き方や渡し方、郵送するときの注意点を解説

    2020.02.20

    葬儀の香典マナーとは?書き方や渡し方、郵送するときの注意…