葬儀の引き出物の疑問!相場と何を渡したらいいのか、渡すときのマナー

葬儀の引き出物の疑問、相場と何を渡したらいいのか、渡すときのマナー

葬儀に参加をすると必ず渡される引き出物。
引き出物は、葬儀に来てくれた参列者に渡すお礼の品のこと。
引き出物とは、厳密には慶事に使われる言葉ですが、近年では葬式の用語としても使われている言葉です。
葬儀における引き出物は、会葬御礼品と呼ばれることもあります。

なお似たような葬儀用語で、「香典返し」がありますが、香典返しは香典を頂いた方への お返しのこと。
引き出物は、香典の有無にかかわらず、参加して頂いた全ての方にお渡しするお返しの品なので区別してください。

本記事では、

  • 引き出物の金額の相場
  • 引き出物では何を渡したらいいのか
  • 引き出物を渡すときのマナー

について解説します。参列者に失礼のないように、引き出物を用意しましょう。

引き出物の金額の相場とは?

引き出物は、単なる引き出物の場合と香典返しを兼ねる場合とで、相場が変わってくるので注意しましょう。
なお、最近では葬儀の準備で忙しいの代わりに葬儀社が引き出物を用意してくれることもあります。
時間がなかったり引き出物のマナーに不安がある人は、葬儀社に依頼をすると間違いないです。

引き出物の相場

香典返しを含めない引き出物の場合の相場としては、約500円~1,000円くらいが好ましいです。
先ほども説明した通り、引き出物は参列者全員に渡すお礼の品です。
お礼の気持ちがこもっていればいいので、高額な商品を渡す必要はありません。

香典返しを兼ねた引き出物の相場

葬儀によっては香典返しと引き出物を一緒にお渡しすることもあります。
その場合の相場はいくらぐらいになるのでしょうか。

一般的には、頂いた香典の半額ぐらいの金額がいいとされています。
この場合の相場は地域ごとに異なることがあるので、葬儀社に聞くなどして調べてから用意するにしましょう。

しかし、中には高額な香典を包んでくださる人もいらっしゃるでしょう。
そういった人に対応するためにも、香典返しと引き出物は別にすることをオススメします。

引き出物は何を渡したらいいのか

引き出物の相場をおわかりいただけたところで、引き出物として何を渡したらいいのか説明していきます。
一般的には、お菓子・海苔・お茶・ハンカチが選ばれることが多いです。
法事のお返しという性質上、いつまでも悲しみが残らないようにという意味も込めて、食品や消耗品をお渡ししましょう。
また、キッチン洗剤や入浴用の石鹸や入浴剤引き出物とするのもオススメ。
キッチン洗剤や石鹸は、 悲しみを綺麗に洗い流すという意味もあるので、引き出物としてふさわしいです。
ただし、持ち帰るときに重かったり荷物になったりすることがあるので、軽くてコンパクトな品を選ぶようにしましょう。

香典返しを兼ねる場合にオススメなのが、カタログギフトです。
カタログギフトは、贈った方に好きな商品を選んでもらえるので、非常に便利な引き出物です。
引き出物に迷った時は、カタログギフトを渡ししましょう。

引き出物として渡すのを控えた方がいい品物

引き出物として渡すのを控えた方が良い品物もあるので注意しましょう。
これからご紹介するものをお渡しするのは控えてください。

  • 昆布や鰹節のような縁起物
  • お祝い事を連想させるようなお酒やビール
  • 保管方法や賞味期限に気を遣う必要がある食品
  • 金額が明確にわかってしまうような金券ギフト

引き出物を渡す時のマナー

引き出物は葬儀でお渡しする品物なので、マナーに気をつける必要があります。
お渡しする際に失礼がないように、 以下の点に注意しましょう。

お渡しするのは参列者がお帰りになるタイミングで

引き出物を渡しするのは、参列者が帰りになるタイミングにしましょう。
葬儀後に会食を開く場合には、全てが終わって会場から帰りになる際にお渡ししてください。
早い段階で渡してしまうと、参列者の荷物になってしまいます。
香典返しも渡しする場合、引き出物と一緒にお渡しください。

引き出物の掛け紙と表書き

引き出物においては、品物をそのままお渡しするのはマナー違反になります。
きちんと懸け紙をかけてお渡ししてください。

掛け紙には、「志」や「会葬御礼」と書くことが多いです。
表書きの下に、「○○家」もしくは苗字のみを書きます。
水引は白黒の結び切りものを選びましょう。

個人の宗派や駅によっても異なることがありますので、不安であれば引き出物を買った百貨店などに確認をすると安心です。

不安な場合は葬儀社に確認を取りましょう

せっかくの故人とのお別れの場、故人にも参列者にも失礼がないように気をつけたいですよね。
引き出物について分からないこと、不安なことがありましたら葬儀社に確認を取るのが一番の解決方法です。
葬儀社によっては、遺族の代わりに引き出物を準備してくれることもあります。
弊社では、1人当たり550円から引き出物のご用意を代行しております。
お困りのことがありましたら、お気軽にご相談下さい。

家族葬の天礼社は24時間265日受付中!

関連記事

  1. 葬儀参列時の挨拶

    葬儀に参列する時の挨拶のマナー。遺族に失礼のないお悔やみの言…

  2. 家族葬で葬儀会社を選ぶポイント

    家族葬と一般的な葬儀の違い。葬儀会社を選ぶ3つのポイント

  3. 葬儀に参列する場合慶弔休暇や慶事金はどうやって取得するの?

  4. 葬儀の補助金制度について解説

    葬儀の補助金制度について解説!種類や金額について

  5. ホームページをリニューアルしました

  6. 家族葬や弔問時のお供えは?

    家族葬のお供えは何がいい?弔問に訪れる際のお供え物は?

  7. 葬式に行けない場合はどう遺族に伝える?お悔やみを伝える3つの方法

    葬式に行けない場合はどう遺族に伝える?お悔やみを伝える3つの…

  8. 家族葬でも会葬礼状が必要?書く時のポイント

    家族葬でも会葬礼状が必要?書く時のポイント

  9. 葬儀における喪主の挨拶マナー

    【葬儀知識】喪主の挨拶の構成は?気を付けるべき4つのポイント…